読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイデアのスープのレシピ

ナショナルデパートが作られる現場のレシピ

正しいことを“やらない理由”は無いという欺瞞

アイデアのスープ

ちょっと思ったのでメモ代わりに。

 

さっきファミレスで飯食ってて、となりの席で学生がアムウェイに嵌められてて、ああ、最近感じてた違和感はこれだったんだと腑に落ちたことがあった。マルチ商法ですか、いやネットワークビジネスですか、いやネズミ講ですか、いずれにせよ彼らの話法の中に貫かれている考えたかに、

 

正しいことを“やらない理由”は無い。

 

という欺瞞に満ちた思考がある。

続きを読む

私は悪くない、私は間違ってない、と思うようになったら危険信号。

アイデアのスープ

仕事をしてるんだかしていないんだか分からない感じですが、仕事してません。

 

ちょっと気になったことがあるので少し。

人間誰しも大なり小なり悩みを抱えているわけですが、悩むというのは行動の選択であり、そのためにクリアしなければいけない条件がいろいろとある中で、自らが求むる結果を選択する作業のような気がします。悩むというのは、行動や得たい結果を選択するための「迷い」にも似ている気がします。

この「悩み」や「迷い」によって選択し答えを出すことを放棄した状態が厄介なのではないかと思うようになりました。

続きを読む

経営者のトモダチはみな経営者だ

アイデアのスープ

先日はパン屋さん業界のパイセンがわざわざ訪ねてきてくださって、喫茶店で5時間もおしゃべりしてました。

パイセンは私の人生の節目節目で声をかけてくださって、場に呼んでくれたり、会って面白いお話しをしてくれたり、直接の支援をしてくれたり、パイセンと一緒にいるところに運命を変えるような一報が入ったりと、年に数回会うか会わないかという関係ながら、本当に人生のポイントで登場する大切な人です。

続きを読む

何も言わずとも身近な人に影響を与えられるようになれば求人には困らない。

アイデアのスープ 起業 仕事

というわけで、世は人手不足ですね。

特に飲食業は人手不足と言われています、コンビニエンスストアのように外国の人の労働力をフル活用できればいいのにと思っていたんですが、ある飲食店オーナーに聞いたところ「外国の人を使うとクレームが怖いんだよね」という答えが返ってきたのを思い出しました。居酒屋やチェーンのファストフードなんかは外国の人を雇うことが多いです。でも個人店はちょっと様子が違います。

 

続きを読む

お金を生み出す「ワークチェア」を選ぶ。

アイデアのスープ デザイン 出店 内装

 

今日はワークチェアの話し。写真は10年以上使っているオカムラのバロン。オプションも含めて全部で17万円ぐらいしたんじゃないでしょうか。

 

新店舗のオープンも1ヶ月半後となり、機材選びや売場の内装を考えたりでなんやかんやでバタバタしています。

今度のナショナルデパートが都内に作る“新しい場所”は「食品工場」+「ショップ」+「デザイン事務所」という謎の施設になります。イメージはファッションデザイナーにおける「MAISON」(メゾン)。イブ・サンローランがディオールを解雇されて新しいメゾンを立ち上げるというストーリーから着想しました。

ここからすべてが始まるわけです。

続きを読む

幸せになりたければ、幸せな人の真似をすればいい。

アイデアのスープ

生きてればストレスもあるし、嫌なことの連続だったりするんだけど、マイナスの思考というのは長く心に作用すると破壊的に心を蝕んでいくんで、あんましマイナスの思考に囚われない方がいいよね、っていうのは言うのは簡単なんだけど、実践するのがこれほど難しいことはない。

 

言葉が違うかもしれないけど、現状から逃げるための努力によって現状を改善するという考え方もある。逃げることは悪いことではない。逃げ遅れて死んでしまうよりは、逃げて生き延びたほうがマシだという考え方に立てば、それは十分にある。

続きを読む

いまどうして私は不安なのか。

アイデアのスープ

時々ムチャはするけど、じつはメンタルが弱いおじさんです。

いま出店を控えてマリッジブルー真っ只中。

 

さて、以前からSNSなんかでアナウンスしていたとおり、都内に本格的なセントラルキッチン(工場)とお店と事務所を開設する運びとなりました。関係者各位、いろいろとお世話になりました。まだスタートはここからですが。

テストキッチンの閉鎖が6月10日、翌6月11日に不動産屋さんに相談に行き、6月26日には当該物件の案内が入りました。物件を探し始めて2週間で本命ズッポシな物件が見つかるなんて、やはり普段の行儀の良さや炎上に耐え続けてきたご褒美なんでしょうね。そんなことはないでしょうけど。

続きを読む

やりたいのではなく、やらないといけない仕事。

アイデアのスープ 出店 内装 仕事

f:id:kocb:20160715200431j:plain

 

30坪、ほぼ真四角のスケルトン。

間口もコンビニ並みに広い。

6年前の東京進出時から探し続けていた条件。

 

駅から近いわけではないけど、テストキッチン顧客の住居エリアからは徒歩圏内で、目黒通りにすぐ出られて都心エリアがほぼ20分圏内、物件には配送用の駐車スペースまであるから、焼き立てのグランパーニュを主要百貨店SCに向けて焼成後20分以内に配送できる。

 

都内に店を出すというだけなら集客に有利な他のエリアのほうがいいし、やり方も他の手があったんだけど、この先にやりたいことをやり切るには先にセントラルキッチンを作らなければいけなかった。

 

今やりたいことをやるのではなくて、今やらなければいけないことをまずやる、という感じだったりする。いままで13年間やりたかったことを、この先5年間で完璧にフィニッシュまで持っていくためには、都内に製造拠点を置かないと無理だ。

 

目先の仕事のための投資はしょっちゅうあったけど、将来を見通した投資というのは経験がないので正直ちょっと迷っていたりする。

やりたいかやりたくないか、可能か不可能か、という問題でなく、この先に答えを出したいのならやらなければいけない。だけど、困難さも大変さも理解している身としてはやはり一歩を踏み出すのに躊躇してしまう。

 

とにかく仕事を始めます。

 

ふたつの絆のはなし。

アイデアのスープ

f:id:kocb:20160712124054p:plain

 

ちょっと久々に強烈な事件が発生しまして、普通ならSNSなどに書いたりするんですが、ちょっと深刻すぎてブログで面白おかしく書けないものかと頑張ってみます。たぶん暗くなるかもだけど。

続きを読む