アイデアのスープのレシピ

ナショナルデパートが作られる現場のレシピ

やりたいのではなく、やらないといけない仕事。

f:id:kocb:20160715200431j:plain

 

30坪、ほぼ真四角のスケルトン。

間口もコンビニ並みに広い。

6年前の東京進出時から探し続けていた条件。

 

駅から近いわけではないけど、テストキッチン顧客の住居エリアからは徒歩圏内で、目黒通りにすぐ出られて都心エリアがほぼ20分圏内、物件には配送用の駐車スペースまであるから、焼き立てのグランパーニュを主要百貨店SCに向けて焼成後20分以内に配送できる。

 

都内に店を出すというだけなら集客に有利な他のエリアのほうがいいし、やり方も他の手があったんだけど、この先にやりたいことをやり切るには先にセントラルキッチンを作らなければいけなかった。

 

今やりたいことをやるのではなくて、今やらなければいけないことをまずやる、という感じだったりする。いままで13年間やりたかったことを、この先5年間で完璧にフィニッシュまで持っていくためには、都内に製造拠点を置かないと無理だ。

 

目先の仕事のための投資はしょっちゅうあったけど、将来を見通した投資というのは経験がないので正直ちょっと迷っていたりする。

やりたいかやりたくないか、可能か不可能か、という問題でなく、この先に答えを出したいのならやらなければいけない。だけど、困難さも大変さも理解している身としてはやはり一歩を踏み出すのに躊躇してしまう。

 

とにかく仕事を始めます。

 

出店に向けて工場の省人化を本格的に考えてみる。

f:id:kocb:20160708193600p:plain

工場は省人化へ向かう。

ということで、都内にセントラルキッチン(お店付き)を設置するにあたって、導入機械の選定を行なわなければいけないので、ついさっきまで夏休みだった私は慌てるわけですよ。まだ仕事モードになってないんですからね。なので、頭の整理をするためにもちょっと書きます。パン屋さんじゃなかったら興味無いかもしれませんがw。

というか、都内に工場を設置することになりました。順調に行けば9月にプレオープン、10月にグランドオープンという運びになりそうです。いつもながら展開が早いですね。もう自分でやってるのに自分が追いつけなくなりそうです。

続きを読む

経営者は二度結婚する。

f:id:kocb:20160623113217p:plain

経営者は二度結婚する。

いや、愛人つくるわけじゃないっすよ、センテンススプリング。

 

いま僕は二度目の結婚に向けて準備をしています。とはいっても、このブログでもたびたび登場するワイフと離婚するわけでもないんですが。言ってみれば、二人目の「ワイフ」と重婚する用な感じです。僕にとってのワイフが二人になるかもしれないということです。分かりにくい?。何を言っているか分からないでしょ。どういうことかというと以前にも書いたこれのことです。

 

僕にとっての二回目の「結婚」とは、ワイフ以外の人物と、これから一緒に仕事をしていったり、これから一緒に会社を作っていくということです。今はそのパートナーと「結婚」を前提のお付き合いをしているわけです。結婚するにあたってお互いのことをよく知るための時間です、結婚したことある人なら心当たりあるでしょ、ああいうのです。相手は年上、古くから知っている人で、これから本当に僕と組んでくれるか彼に委ねるという感じです。

 

僕は話し合いが苦手で、一緒にディスカッションしながら事を進めていくというのが面倒くさくてここまでやって来ました。だから彼とも最初は噛み合わないことが多いと思います。でも、ワイフと出会って結婚して今こうやって阿吽の呼吸でやってこられるまで、やはり10年以上の時間と思い出せないくらいの言葉のやり取りがあったわけです。

 

プライベートの妻がワイフなら、仕事上の妻が新しいパートナーだと思うんす。だからこれからたくさんの言葉とたくさんの時間、もしかしたら僕が死ぬまで一緒に仕事をするかも知れないんです。ワイフとは出会ってすぐに結婚しようと思いましたが、でも結婚するまでに1年ぐらいの時間をおきました。それだけの時間と言葉が必要なんです。

 

一緒に夢の続きを見守ってほしい 

僕と結婚するということは、僕がこの先未来に進んでいく姿をすぐそばで見ることができる特等席に座ってもらうことだと思っています。共に苦労をしながら、時には喧嘩しながら、それでも一緒に居続けようと努力する。

いまは分かり合えなくても、いまは意見が食い違っていても、最初にこの人と結婚しようと決めた時の心の踊る感覚や、あの時に夢見た二人の未来をいつかは一緒に実現するんだという、形も匂いも無い、確証なんてない、人生を託して手を取り合って進んでいくものだと思っています。

 

ワイフとまだ結婚もしていないのに「離婚する!」と叫んで、なぜか僕が家を出て行ったことがある。笑うかもしれないけど、これは実話。プロポーズしたなら、この先何があっても一緒に添い遂げる覚悟が固まるまで、たくさんの言葉とたくさんの時間をかけて、そして共に白髪となり、腰が曲がるまで、僕の夢の続きを、僕のすぐそばの特等席に座って見ていて欲しい。

 

経営者は二度結婚する。順番はどちらが先か分からないけど、1人はプライベートの妻と、もう1人は仕事で連れ添うパートナーと。

僕はワイフとパートナーのためにこの先の人生を生きる、そのかわり、僕はこの二人にだけはいくら迷惑をかけたっていいんだ。

 

自分に常識がないということに気づいたときの衝撃。

f:id:kocb:20160610234816p:plain

 

ここ数ヶ月間考えていたことがあって、その答えが出たのでちょっと。

 

いや最近ね、「常識がない」とか「心がない」とか言われることがあって、それが何のことだかよく分からなくてちょっとモヤモヤしてたんです。なんか間違ったことをしたなら謝って正せば良いと思ってたんだけど、間違いを起こすこと自体が非常識だといわれるわけです。「そんな常識的なことも分からないのか人として最低だ」とか、「ほんとお前は心がないねえ」とか、人格否定されるわけです。

結果的に問題になったというなら、そりゃ僕も反省してます。でもまあ間違いを起こしてるんだから、ひたすら謝るしかないわけで、ほんとひたすら謝って解決策を提案したりしているわけですが、平身低頭で謝っている僕の毛の薄くなった頭に向かって「ほんと分かってねえな」「謝ってるだけじゃねえか」と追い打ちをかけられるわけです。

なんでこの歳になって「常識がない」とか言われるのか、その答えが出たのでちょっと日記っぽく。

続きを読む

ついに夏休みが終わり。テストキッチンラストギグのお知らせ。

f:id:kocb:20160220063021j:plain

 

いい写真ですね。幾度となくブログや雑誌に登場したこの写真ですが、いま見ても良い表情をしています。というわけで、テストキッチンラストギグのお知らせです。

約4ヶ月間テストキッチンとしてパンを焼かせてもらいましたが、ついにその役割を終えようとしています。そこで、いったん閉店して、夏か秋に都内で移転オープンする流れで考えてます。ただ、突然閉店してしまうのは失礼になると思ったので、この週末だけ、きちんとお店に立って、駒沢公園でのパン焼きの最後の時間をみなさんと楽しめればと考えました。

 

営業日程

6月4日(土)、5日(日)10:00〜14:00。

 

上記営業日以外は無人販売も行いません。以降、ラストまでどういう感じに営業するかは決まってないので、最後の営業までの予定についてはFacebookページとメルマガでお知らせします。

テストキッチンFacebookページ

ナショナルデパートメールマガジン

 

この営業が終わったら、通販の準備にとりかかるためにちょっと岡山に戻ります。新しい商品もこれから増えていくので、そちらの方も楽しみにしていてください。

 

ではよろぴくお願い申し上げます。

 


雨が上がったら酵母を探しに出かけよう。ナショナルデパート

 

創業者と経営者は違っていて良い、ということに気づいた。

f:id:kocb:20160531110422p:plain

すっかり仕事の筋肉が落ちてしまった秀島です。そろそろバトンの引き継ぎを考えています。

 

Facebookとか見ていると、1年前、2年前の今日の出来事というのが出てくるんすけどね。なんか問題しか起こしてねえなwとかいう感想しかありません。よく頑張ってたなあという感慨はあるんですが、かといって、それが良い結果として残っているかといえば、そうでもなかったりするんで複雑な心境です。

1年前、2年前の自分と比べて、いまの自分が成長しているかと言われれば、確実に成長している自分という結果と、必ずしも成長したとはいえない自分という現実もあり、結果として何もしていない自分がいまここにいるような気もするんですよね。 

これまでやってきて、まだやり残している事があるから過去の延長線上の仕事をしているのであって、本当は手を放してしまいたいと心の底で思っている自分が、いまこのエントリーを書いているわけです。

続きを読む

【お知らせ】多忙につき、テストキッチンが無人販売所になるのと、今後の予定について。

f:id:kocb:20160506162943j:plain

 

夏休みもそろそろ終わる秀島です。

多忙につき、テストキッチンがほぼ無人販売所になってます。

 

SNSではちょこちょこ書いていたんですが、駒沢公園のテストキッチン、ほぼ無人販売所となってます。週末とかは焼いたりするので売場に立ってることもありますが、それでも焼き終わって詰合せを作ったら事務所に帰って次の仕事の準備とかしてしまうので、ほとんど売場にいないということが多くなります。

続きを読む

夏休みの自由研究のテーマ

f:id:kocb:20160328012928j:plain

 

作業をしていたら、めずらしく深夜になっていたので少し書いておこうか。

 

前回書いたブログでは、いまの僕の夏休みっぷりについて少し触れてみたんだけど、夏休みといえば単に遊ぶだけではない、宿題も自由研究もあったりする。いまこうやってのんびり過ごしてはいるけど、周囲の人達からの「ヒデシマ、どうせ次の何かを企んでるんだろ?」という視線が痛いほど刺さるわけです。まあ、そりゃ、このまま夏休みが終わらず永遠に続くわけは無いので、どこかで登校日があるだろうし、望むと望まざるとにかかわらず二学期も始まってしまうわけです。

 二学期が始まったときに提出する宿題や自由研究の成果物についても、少しずつ取り組んでいるんですけどね、以前ほどそんなにガツガツ考えているわけではございません。

 

続きを読む