アイデアのスープのレシピ

ナショナルデパートが作られる現場のレシピ

バイツェンフォルコンブロート

バイツェンフォルコンブロート

小麦の殻(外皮)を挽いた粉100%で焼いたパン。名前もそのまま直訳で「小麦」の「全部」の「パン」ということになる。表面にプツプツとしているのは、通常は小麦のグルテンで膨らむはずの生地が、外皮主体の粉で焼くとほとんど膨らまず、気泡がそのまま焼き上げられた結果。通常は白い粉も配合して膨らんでいるパンを指すのだろうが、僕のバイツェンフォルコンブロートはこうなる。小麦酵母で焼いているが、断面はまるでライ麦パンのような風合いだ。ライ麦酵母特有のクセもないので初めて試すにはちょうどいいだろう。

明日の朝食はコイツとカルピス有塩バターにスクランブルエッグかな。冷蔵庫にベーコンが余っていたかも知れない。もらいものの帝国ホテルのパンプキンスープもあった気がする。レタスでも買っとけば良かったな。アンチョビペーストを混ぜたオリーブオイルにレモンを絞って。塩を一振り。ああ、レタスを買っとけばよかった。。。