アイデアのスープのレシピ

ナショナルデパートが作られる現場のレシピ

ナショナルデパート東京店3月ホニャララ日オープン

まあ、というわけで、ケツが決まりました。

工事が来週入るらしいので、週末に仮オープンですね。まだ家具の引っ越しとかのスケジュールが決まっていないのでなんともあやしいのですが。まあ、今月中にはいけます。いや、マジでほっとしました。昨日の夜まで「やっぱり止めた方がいいかな」とか「やばいよこれじゃキツいよ」なんて言っていたのですが、今朝またもやウルトラCな発想が浮かび、すべての問題が解決されました。なんとかいけそうです。プレオープンなので週末土日の営業。その後徐々に営業日が増えて木曜日~日曜日の営業とかにできればいいなと思ってます。

くしくも3月は僕の誕生月。35歳までに東京に出店するという自分予定がクリアされたわけだ。なんだかんだ言いながら30歳の時に書き出した自分予定も順調に消化している気がする。いや、しかし長いね。5年って。いや短かったかな。ナショナルデパートも開始して5年というわけか。

実作業はこれからが佳境です。カタログ、チラシ、値札、タグ、紙袋、あと今思い浮かばない色々なものをぜんぶ新しく作るというのが一番キツいかも。それに今月の絵本と女王製菓も作らなければならん。おお、なんということを。。。

しかし出店が決まった今、今後は安全な状態で商品をいかに流通させるかが勝負。パンの流通テスト結果も上々で、あと三重くらいの安全策を施せば確実なものに近くなるだろう。伝統のカンパーニュを新しい技術で。これが「ナショナルデパートブランジェリー」の今後を決める最大の課題だ。