アイデアのスープのレシピ

ナショナルデパートが作られる現場のレシピ

ナショナルデパート東京についていろいろ

ナショナルデパートのカタログというかパンフ

東京のお客さんから「パンの種類が書いてあるパンフレットは無いのか」と言われたので、早めに作ろうと鋭意製作中。とはいえなかなか時間がとれないので前回のデザインを少しいじって作ろうかなと。。。画像は旧デザイン。

で、そういえば最近いろんな人に「東京の店どう?」なんて聞かれるので、ブログでまとめて書いておこうかと。これはいろんなお客さんから言われる事だけど、どうして高円寺なの?という疑問だが、これは縁があったとしか言いようが無い。物件の雰囲気とか大家さんの人柄とか、お世話をして下さった方のご好意とか、そういうことで決めた。一番の決め手は室内に入った時に感じた「気の流れ」というべきか「気持良い感じ」がほとんどを占める。後で知ったのは1階のフロア地下部分に数メートルも炭が敷き詰められているという点。ものすごく気分がいい。

4日間営業してみて感じたのは、ネットや雑誌、通販でナショナルデパートをもともと知っている方よりも、知らずに来られている方の方が多い。9:1で知らない人の方が多いかな。これは僕の予想が外れたのだけど、たまたま通った方が購入して下さって、2回、3回と来て下さる。で、いろいろなお客さんを連れて来て下さる。そういった感じでこの4日間は過ごしていました。開店景気という感じよりも、なんかこう自然と高円寺の街に溶け込むようにオープンしたので、すごく自然にお客さんが来て下さっている。みなさん面白がってくれていて、パンの食べ方もスムーズに伝わっているような感じ。あるお客さんから「チラシとか配ってないのね」と言われ、あら忘れてたわ!みたいなノリです。

事前の宣伝無し、もちろんチラシ無し、看板も「ぱん」の文字だけ、なのにたまたま通りかかったお客さんが入ってくれて、すでにリピートしてくださる。オープンのイベントも無いまま、岡山の直売所よりも多くのお客さんが来て下さるのだから、高円寺にお店を出して良かったなあ。と思っています。このペースでのんびりと営業出来ればいいですね。なにせ工場とお店の往復が体にこたえる。。。

ということで今後ともよろしくお願いします。