アイデアのスープのレシピ

ナショナルデパートが作られる現場のレシピ

パン屋なのに3DCGソフトを買う件について

まあ、外は花火が上がっていて楽しそうなわけだが、僕はそろそろバスで東京のワイフに会いに行く準備をしなければならないわけだ。で、まあ、新しい企画の準備をするので什器の設計とかしなきゃいけないんだけど、東京のオフィスにあるMac Book Proには3DCGのソフトが入っていないんだな、これが。で買い増さなくてはいけない。adobe系は二台までアクティベーションできるので、東京ー岡山の両オフィスで使えるんだが、まあ、お金がないのにパンとは関係ない出費がかさむねえ。。。

で、で、そうやってぼやいていると、いつのまにかメールがたまっている。恐る恐る開けてみるとすごい数の取材依頼。で、それを選別しながら各所に返信を済ませていたわけだが、最近はパンとか店というよりもナショナルデパートの存在自体について興味を持ってくださるメディアの方が多くなってきた。コレはものすごくうれしい。

実際、女王製菓なんて毎日数十人の方が検索かけて来てくれるわけで、「女王製菓ってなんなんだよ!」と日本中で謎は深まるばかり。しかしネットストアでは売っていない。でも、日本中には確実に女王製菓を手に入れている方が数千人くらいはいる。やはり謎は深まるばかり。。。

みなさんがこうやって興味を持ってくれているのも、パン以外のクリエイティブ部門が地道に活動しているからで、そのための投資額はそのへんのデザイン事務所よりもかかっている。個人の収入を全突っ張りで投資していったたまものだ。というわけで明日アマゾンさんから届くソフトをインストールするのが楽しみ。Shadeってバージョンアップしすぎだよな。金がいくらあっても足りないぜ。。。