アイデアのスープのレシピ

ナショナルデパートが作られる現場のレシピ

素敵男子

きれいな顔してるだろ、でもちょっとアレなんだぜ

というわけで、突然の素敵男子系の写真なわけです。

今話題(古い)のTwitterで知り合ったのですが、どうしてこう写真とかをアップするようになったのかは、まあ置いといて、なかなか良い出会いをしたということをちょっとだけ書いてみたいと思います。

うん、高円寺に店を出してからいろんな人と出会ったりすることが多くなってきました。みんな職業もありようも多種多彩、多趣味であったり、仕事をがんばっていたり、大きな壁に突き当たっていたり、陽気であったり、みんなそれぞれに人生を進んでいます。20代後半を過ぎたあたりから、なかなか人と出会って仲良くなってということも少なくなります。僕もまあそんな感じで、特に知り合いという感じの人が増えることもなく、ましてや友達なんてもうこれ以上増えないんじゃないかな?とか、そういう感じで過ごしていました。性格上もともと人付き合いが苦手なので、ややこしい人間関係とかが増えるのを嫌っていたりしました。

まあ、そんな人嫌いになっていたヒデシマが最近どうしてこうやってどんどん人と知り合っていくのでしょうか。色々考えていたんですが、以前はこうやって普通に人と出会って交遊を深めていたような気がします。岡山の高校を2年で退学になってすぐに東京に出てきて、大学にいったり中退したりとか仕事を立ち上げたりとかいろいろあって27歳で岡山に帰ったのですが、それから10年とか経つんですね。岡山に帰ってからの10年で人間不信に陥っていたのかなあなんて思います。岡山に帰ってからすごく他人から利用されているようなことが多かった気がします。集団から批判されたり中傷されたりして、自分は間違ってるのかなあとか悩まされた挙げ句、ちゃっかりアイデアとかを持って行かれたり。田舎の人ってずるいなあ。とか思うことがよくありました。なので、岡山で人と知り合っても、ものすごく警戒するようになっていたんですね。

で、なぜ最近は人を警戒しなくなったのか。というと、近い人と知り合えるようになったからです。「近い」というのは感覚とか物事の捉え方とか感じ方の一部がかすっていて、無理をしなくても付き合える感覚の「近さ」とかだと思っています。そういう感覚の近さをあらかじめ感じ取ることができるのがTwitterとかのwebツールのような気がします。僕はTwitterを販促に使うのが主目的ではないんですね。ただ、こう、ネット界隈の温度は必ずどこかで感じていようと思っているだけです。Twitterは経営者や自営業の人、デザイナーとかの人が多い感じなので、すごく感覚が近い部分があります。で、実際に数人の人と会ったりしてみると、やはり面白いわけです。

きれいな顔してるだろ、でもちょっとアレなんだぜ

で、今回の載せた画像の「素敵男子」もそうやって知り合った一人。webの企画とかを立てるお仕事をしているみたいです。ネット上でちょくちょくやり取りをしていて「コイツは面白いなあ」といつも思っていました。料理に造詣が深く、カレーが好きで自分でスパイスを調合してオリジナルカレーを作ったり、最近ではパンを焼いたり、アンチョビを漬けたりしています。ローストビーフとかも作ったりしています。どうです?素敵系男子でしょ。で、銀座三越の催事に遊びに来てくれて、そこからちょこちょこ深夜のTwitter上でも言葉で遊んでもらうようになりました。

実際会ってみると、とにかく頭の回転が速くてサービス精神が旺盛で、一緒にいて飽きさせないとってもいい男なわけです。お店に遊びにきてくれたときも、僕もワイフもずっと笑ってました。すごく神経が細やかなのでしょう、一緒にいる間ずっと気を使ってくれて身振り手振りで僕たちを楽しませてくれます。言葉の選び方も面白くて、見ていて聞いていて、実に華のある男です。写真を見てもらっても分かるように、とっても奇麗な顔立ちをしています。

写真を撮った時、お土産にお手製のカレーを二種類持ってきてくれました。実に手の込んだ力作。お店で食べるインドカレーと遜色無いというより、もしかしたら水準以上なのではないかと思わせるほど美味しかったです。と、カレーを食べながら僕はちょっと考えました。彼は誰かに喜んでもらうのがスゴく好きなんだろうなあ。誰でも喜んでもらうのは嬉しいだろうけど、彼の場合はちょっと先に進んでいて、全身全霊で喜んでもらおうとか楽しんでもらおうとか、そう言う自分を表現するのです。料理っていうのは基本食うものですが、それだけにとどまらない動機として「喜んでもらいたい」というものがあります。彼の中の「人を喜ばせたいエネルギー」は楽しい会話や美味しい料理という形になって僕たちを楽しませてくれます。

と、ここまで持ち上げたのでそろそろ落とす時間がやってきました。

そんな彼ですが、実は○○○○○○で○○○○なんだそうです。いやあ、○○○○○っていうと○○○だなあなんて、実にアレですね。ふひひ。で、○○募集中らしいです。みなさんどしどし○○してくださいね。

(伏せ字の部分には適当に卑猥な言葉でも入れといてください)

素敵男子のブログ→http://www.cafedawn.net/

素敵男子のTwitter→http://twitter.com/agni99/

彼と出会えて実に良かったです。東京に店を出したことの収穫のひとつです。人を喜ばせたり楽しませたりするところに面白さを見出すあたりに「近さ」を感じたのかなあ。ネットでも「お嬢ちゃん写メ送って」以外の出会いもあるものです。

というわけで、これからもよろしくね。