アイデアのスープのレシピ

ナショナルデパートが作られる現場のレシピ

この世界、シェアカンパーニュは食ったり撮られたりだな。

四季のカンパーニュの上にシェアカンパーニュを乗せてみました。親亀の背中に子亀を乗せてえ~・・・という感じですね。まあ、四季のカンパーニュ自体が非日常な大きさなので比べられても困るでしょうけど。これくらい違いますよってことで。シェアカンパーニュが今回焼成前で780gぐらいを狙ってつくるので、重さで言うと1/14と言う感じでしょうか。まあ、それにしても大きい。嫌になるほど大きい。

これはレバーペースト塗って食べるところですね。パン自体はカリッとするまでトーストしてあります。なかなか良い感じの香りです。塗るものはなんでもいいんですが、ちょっともっさりしたもののほうが良いかも知れないですね。パン自体には油分はあまり含まれていないので、やっぱり脂質は補ってあげたほうが美味しくなる気がします。

シェアと四季をお尻から撮ったもの。大きさこんなに違うのにクープのパターンは同じにしてあります。なんかカワイイ。外見はこんなに無骨なのに切り出した断面は色鮮やか。というのがナショナルデパートのパンとデザインの考え方。見た目で綺麗にするほうが分かりやすくていいんだけど、僕の考え方にはあまりマッチしないです。まあ、この無骨な外観がカンパーニュたる所以なのですから。