アイデアのスープのレシピ

ナショナルデパートが作られる現場のレシピ

パッケージの計画が第一段階を越えたということで、まずはご挨拶まで。

新商品ラインの第一回試作を終えて、なかなかこれがどうして思惑通りの食感だったり、オペレーションも1回目でかなりの好感触を得たりとか、いろいろといい感じで進んでいます。で、重要なパッケージなんですがね、もう資金がショートしてきているので大規模な予算が捻出できずに困っています。でもまあ、ここはなんとかやらせていただきます。

で、パッケージのサンプルなどを徐々に集めていましてね、これが死ぬほどカワイイのです。一日中ながめています。印刷代金なんかを考えるとゾッとしてしまうのですが、それでも新しいものが自分の手で作られるというのは面白いものです。

で、新しい商品の内容なんですが、まだ誰にも言っていないシークレットゾーンなので発表まではナイショです。パンではないということは決まっているのですが、でもどうしてパンではないのでしょうかね。まあ、ここについても後日ゆっくりと書こうとは思っています。twitterにも書いたのですが、少しパンと距離を置くというのが今回のテーマなのです。食品の新しいカテゴリーを作るということを目標にしていますが、現段階ではかなり面白い企画になっているので、皆さんをアッと驚かせることができると思います。

パッケージデザインが一歩進んだと言うことで、とりあえずご挨拶まで。