アイデアのスープのレシピ

ナショナルデパートが作られる現場のレシピ

目の前の仕事に押し潰されそうになったとき。

目の前の仕事に押し潰されそうになったとき、仕事が手詰まりでどうしていいか悩んでいるとき、そういうとき僕は次の仕事の企画やアイデアを頭の中に浮かべるようにしていて、頭に浮かんだアイデアを仕事につなげる道を考えて、それを今の仕事よりも面白くて楽しくて少しだけスケールが大きくて今よりもちょっぴりお金になるような話に膨らませて、それを形にするためには実際にどうすれば良いかを具体的に決めていくと、いつの間にか目の前の仕事がどうでもいいことのように思えてきて、今悩んでいる手詰まりな感じとかもちっぽけなことのように感じてくるわけです。今の仕事をキチンと済ませれば次はご褒美、とっても面白い仕事をやらせてもらえるのだと思うと今の仕事がスムーズに進むようになります。

仕事に対する姿勢とかはみんないろいろな考えがあるだろうけど、僕はなんとなくそういった感じで進んできた気がします。もういい歳だしそろそろ落ち着いて地味にちゃんと皆さまのお役に立てるような仕事をしていかないとね、なんて考えたりするんですけどなかなかそうもさせてもらえなようです。去年いろいろやったことはいつかは何かにつながっていくのだろうと思うけど、どうしても何かにつなげないといけないという訳でも無し、きちんとした仕事として残しておけば埋もれて化石になっていても誰かに見つけられるものでしょう。などと間抜けな考えで日々を過ごしております。

仕事とかしてるといろんな事で、一瞬くらいは落ち込んだりもしますが、まあ仕事が詰まったくらいで死ぬわけでも無いし。次の自分の進む方向を自分で決められるのは幸せなのだろうなと思ってみたり。そういえばデザインの仕事をやめてから十年以上が経つんだなあと思い出してみて、誰からの依頼も無しに自分で自分の次の仕事を創っていける今の僕の立場は十年前に立てた計画に沿った結果だと思うとやっぱり計画って大事なのねと思ったり、金は残せないけど僕はなかなか良いポジションを築けたのかなあと。いわゆる受託という仕事の形態はフィーが確定した状態で仕事に取り組めるので精神的に安定するんだけど、これを一生続けるのかなという不安を札束で解消していた若い頃を思い出すと自分の人生を生きてはいなかったようにも感じるわけです。

まあ不安の在り様もいろいろあるけれども押し潰されそうになった時ほど前に進む推力を得られる好機だと捉えるようにしております。もう遅い時間ですね、ボーイズアンドガールズおやすみなさいませ。