アイデアのスープのレシピ

ナショナルデパートが作られる現場のレシピ

高円寺店を閉めます。

突然ですが、というか一部誌面等では触れていましたが、高円寺店を閉める事にしました。たぶん6月15日の岡山駅内の新店のオープンに合わせて閉めることになりそうです。みなさま3年間本当にありがとうございました。

都内DEAN&DELUCAでの取扱い、日本橋三越や東急フードショーなど都内百貨店への定期的な出店は今後も継続して参ります。どうぞよろしくお願いいたします。

思えば催事で日本中を回らせていただくきっかけになったのも高円寺店の出店からでしたし、DEAN&DELUCAへの卸しが始まったきっかけも高円寺店だったわけですし、レシピ本の出版のきっかけも高円寺店無しでは語れません。岡山では誰にも認められなかった物がこうやっていろんな人に見つけてもらえて広がっていく感じがたまらなく楽しかったです。

ゆうこちゃんという任せられる人物との出会いもあって、東京に店を持ちながら岡山から全国へ向けてパンを発信することができたわけです。ゆうこちゃんも本当にありがとうございました。

僕が店を出す時は閉める事も同時に考えているので、高円寺店についても賃貸契約の更新がある3年が目処なのではないかと考えておりました。まあいろいろあって3年目に入ってもしばらく続けていたわけですが、ここにきて岡山で新しいお店を出すという事となりまして、ちょっと一瞬考えたのですがやはり高円寺を閉めて次に動くのがちょうどいいのかなと思いました。

ちょうどいいってなんだろうね。というのはいつも考えるのですが、最近いろいろ見ていて思うのは自分のやりたい事が一番早く届くスピードと、エネルギーが効率よく届く範囲というのは、それぞれにあるのかなあと思ったりします。無限に広がっていく自分の範囲っていうのは無いと思うのですよ。自分はまだまだこんなモノじゃないと念仏のように唱えていてもタメがないと他人の人生を生きるようなことしかできませんからね。タメをほどほどに作りながら進んでいくのが吉なのではないかと思います。

高円寺については移転も含めていろいろと検討していたのですが、一旦引っ込めてもすぐにまた都内に店は出せるなという感覚もつかめたので、次の店に移行するまでの準備期間は取っといた方がいいななんて考えてます。次は東京にどんな感じで戻ってくるのでしょうかね。岡山の新店を落ち着かせたら次は僕の完全東京移籍の準備を始めます。店を閉めるとか言いながら話しは増やす方向に進んでます。自分でも楽しみです。

閉店スケジュール、正式に決まったらプレスリリース出します。多分6月15日めどです。