読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイデアのスープのレシピ

ナショナルデパートが作られる現場のレシピ

コンセプトムービー「We share love like bread.」(日本国内編)の企画について。四季のカンパーニュ改名記念企画。

アイデアのスープ
予告している通り、この秋にナショナルデパートのメイン商材「四季のカンパーニュ」を改名するのですが、10年も連れ添った「四季のカンパーニュ」という名前と別れてプリプリのギャル的な若いネーミングと付き合うのですから、せっかくだからいろいろイベント的なコトやモノを企画したいなあと思っています。 その中でも以前からずっとやりたかったことがあってですね、それは、ひとつの大きなパンをリアルタイムで世界の人達と分け合うという企画で、それを映像にして残したいなあというのがこの10年間の夢でもあったわけです。手っ取り早くやってしまえばよかったのですが、なかなか企画を詰めたりすることができずにいたわけです。 で、どうして今頃になってまたそんなことを考え始めたのかというと、例えば6年前に僕が描いたクリスマスの絵本を1万冊全国で配るという企画をやったのですが、なかなか大変で手売りの詩人みたいでしたね(笑)。でもいまではTwitterやFacebookなどのいわゆるSNSの輪が広がってですね、昔のように物理的に走り回らなくてもよくなったわけです。いやあインターネッツ万歳ですね。 今まで色々やってきましたが、ここらへんでもう一度自分の仕事を見なおしてみようと思っています。どうして僕はパンを焼いているのか、きっかけはどこかにあったのだろうけど、苦しい環境下でそれをこうやって続けてきたことを見える形で残しておきたいなあと漠然と考えたわけですね。 ということで、まずは日本国内47都道府県でひとつのおおきなパンを分け合うというコンセプトのムービーを制作しようと考えています。なので全国に広く協力者を募ります。僕が焼いた5kgのカンパーニュを小さなカットに分けてそれを全国の協力者の方に送り、パンを食べている姿をコンテに沿って動画と静止画で撮影してもらって、それを編集してひとつの作品に仕上げようと考えています。編集の技術も音楽も必要です。協力してくださる方がいたらお願いしたいです。 詳細はこれから詰めていきますが、募集はおそらくFacebook経由になるでしょうね、SNS時代のパン屋が作る映像作品というよくわからない世界ですが、伝えたいことはただひとつ「We share love like bread.」。パンを分け合うように愛を分け合うということを見える形にして残しておきたいです。 まだ発表できませんが、四季のカンパーニュの新しい名前、すごく素敵です。皆さんに愛されていく名前になるよう僕もこれから頑張って行きたいなあと思っています。 最後に、この映像企画のコンセプトにもなっている「パンを分け合う」ことを描いた絵本をどうぞ。おかげさまで累計3,872 ダウンロードされました!!パブー版(低解像度・無料)TSUTAYA.com eBOOKs(高解像度版・105円)でお読みいただけます。TSUTAYA.comでは過去12作品をすべてお読みいただけます。 いままでの絵本過去12作品の紹介はこちら。 http://brand.depa.jp/?eid=19 「もとはひとつの大きなパン」パブー版(低解像度・無料) http://p.booklog.jp/book/1140 「もとはひとつの大きなパン」TSUTAYA.com eBOOKs(高解像度版・105円) http://tsutaya.com/ebooks/campc/nadt/index.html いままでの絵本過去12作品の紹介はこちら。 http://brand.depa.jp/?eid=19