読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイデアのスープのレシピ

ナショナルデパートが作られる現場のレシピ

僕の仕事を紹介するときに使う言葉が世の中に増えて来た

ヒデシマ
肉なのかパンなのか問い詰めたい。肉のグランパーニュ roomieというサイトで肉のパン、グランパーニュ・ヴィアンドを紹介していただきました。内容はリンク先からどうぞ。 肉なのかパンなのか問い詰めたい。肉のグランパーニュ http://www.roomie.jp/2013/05/70080/ しかし、ここ最近やっと僕の仕事を認めてくださる人が増えてきたように感じます。いわゆる“パン業界”を取り巻く人たちからやっと離れて、純粋に面白いものを取り上げてくださる人たちに僕の思いが届いているのかも知れませんね。岡山駅で販売しているおみやげ「ももたん」も好調に売れています。パンから始まった僕の今の仕事も、パンから離れてやっと正当な評価を得るようになったのだなあと思っています。 記事中で書かれている内容を引用します。
ナショナルデパートのグランパーニュは、いつも驚きと新鮮さと美味しさを与えてくれます。 まさにアートでもあり、文化でもあり、革命なのであります。
ここには“パン”という言葉は使われていません“フランス”でもなく“カンパーニュ”でもなく“クロワッサン”でもない、僕の仕事を紹介するときに使う言葉が世の中に増えて来たのだなあと、少し嬉しくて心が踊りました。誰からも認められず苦しかった年月も、こういう記事で救われるのです。これからは認められない堪え難い苦痛よりも、認められたことの喜びが増えていけばいいなあなんて思っています。 リンク先の「いいね」を押してライターの方の労をねぎらってあげてください。 よろしく。 肉なのかパンなのか問い詰めたい。肉のグランパーニュ http://www.roomie.jp/2013/05/70080/