読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイデアのスープのレシピ

ナショナルデパートが作られる現場のレシピ

夫はパンを焼き、妻はそれに花を生けた。

アイデアのスープ

あるときパン職人の男と華道家の女が出会った。

男は女と初めて出会ったその日のうちに結婚しようと思った。

男が「自分の焼いたパンに花を生けたら素敵じゃないか」と言い、

女も「私もそれを想像していたのよ」と笑った。

しばらくして女は男の仕事を手伝うようになり、

もうしばらくして男と女は結婚した。

男は女の夫になり、女は男の妻になった。

やがて夫の仕事は行き詰まったが、

妻は夫の仕事を献身的に支えた。

妻は夫の焼いたパンを抱えて全国を売り歩き、

夫は売れないパンを焼き続けた。

何のためにパンを焼いているのだろうかと、

ふと二人の頭をよぎることがあったが、

夫は支えてくれる妻のためにパンを焼き、

妻は信じる夫の焼くパンを売り続けた。

二人が結婚して何年かが経ち、

初めて出会った時に言っていた、

「男の焼くパンに女が花を生ける」

という約束はいつの間にか忘れられていた。

二人が知り合って8年が経とうとしていた。

夫は妻との約束を思い出した。

自分の焼いたパンに花を生けてもらおう。

夫はもう何年もまともにパンを焼いていなかった。

妻は結婚するときに師範の免状を返していた。

パンの焼き方を忘れた夫は早朝からパンを焼き、

花の生け方を忘れた妻は前日から準備をした。

いざ、パンを焼き、花を生け始めると、

なんとなく思い出してくる。

忘れていたいたけど、

やっぱり二人が出会ったきっかけは、

花とパン。

実現するまでに8年の時間がかかったが、

今日、夫がパンを焼き、妻はそれに花を生けた。

今日から新しい二人の時間が始まる。

またゼロから始めよう。

二人だけの新しい世界。