アイデアのスープのレシピ

ナショナルデパートが作られる現場のレシピ

久々にアイデアのスープが沸騰する。

まあ久々にきましたよ、すごいのが。

こういうの「アイデアのスープ」状態と僕は呼んでるんですがね。ずっと別件で考えてた複数のアイデアが一瞬にしてつながって、ずっと考えていても答えが出なかった非常に難しいテーマの答えとして、全く新しいものとして形になる瞬間ですよ。よくわからないことを言ってますがね。これは僕にとって「ももたん」以来の出来事です。

まあここに至るには紆余曲折ございまして、近いことだと先週末の盛大な腸炎を患いましてね、丸二日間嗚咽を漏らしながら寝込んでおりました。その原因というのも、ウチが出店している駅の店の大家であるデベロッパーがルール違反をしましてね、殴り合い寸前の怒鳴り合いの大喧嘩をするということがありまして。

まあ詳しくは書かないですが、そのルール違反と今のウチの状況が相まって、ももたん事業をかなり追いつめるという結果になったわけです。こりゃあ潰されるなというぐらいに深刻な状況。

「ももたん」も始まってもうすぐ一年なんですが、これから市場に定着していこうかという感じだったのを、デベロッパーが馬鹿なお土産屋のボンボンをぶつけてきやがって、これってモルタルを流した上を猫が歩いて足跡がつくようなもんでね、ウチにとってはかなりダメージなわけです。

まだ地盤が固まってないのに物量に物を言わせたバカを連れてくるもんだから、これから岡山のお土産市場をちっとはまともなものにしようかって時に、もうロードマップもへったくりもありゃしないですよ。ボロボロですよ。落書きで汚れた壁をキレイに塗り直そうと下地を塗って乾かしていたところにウンコを投げつけてくるようなもんです。

で、まあ久々に僕も怒り狂ってですね。そこらじゅうに当たり散らしてたわけです。で、ふと思ったんですがね、一年前「ももたん」が生まれた瞬間に似てるなあと。あの時はお土産の企画を持ち込んだ岡山商工会議所に門前払い食らって「あいつらぶっ○してやる!」と怒り狂って事務所に上がってマジックペンで「ももたん」と紙に書いてそのまま商標出願しちゃったという経緯もあるんでね、こりゃあ構えとかんと、アイデアのスープ来るで、とひたすらに待ってたわけです。

で、沸騰しちゃいました。

アイデアのスープがグツグツいって、もう鍋からこぼれそうです。アイデアのスープを温める熱量っていうのは僕の場合は怒りなんでしょうかね。不健康極まりない仕事術ですな。

で、本件なるべく早めに発表しようとは思うのですが、これちょっと大掛かりなものになりそうなので、東京の仲間たちにもちょっと話しを聞いて回ろうかと思ってます。で、こうなる前に岡山の新しい菓子ブランドに対する意識調査というかイメージを探るアンケートを実施しとります。もしよろしかったらご協力ください。よろしくお願いします。

ナショナルデパートがこれから創る岡山の新しい菓子ブランドについてご意見を求めています。

もう何のこっちゃ分からんでしょうが、いいものお見せできると思います。