読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイデアのスープのレシピ

ナショナルデパートが作られる現場のレシピ

作るというより探す作業。

イメージはあるし、流れではこれを作るのが妥当だというのも分かってるんだけど、それを作るために見るべきものを見ていなかったり、知っているべき事を知っていなかったりすると、やはり自分のものとして作りきれないなあと。

あと何を見ればいいのか、あとどのへんのことを知ればいいのか、そこが分からんから最後の詰めが出来ない。最後の詰めが作業のほぼ99%だったりするし、まだまだガワの部分なのにそこでグッと考えこんでしまう。

まだ自分には作れないのか、でもどこかに正解があるからそれを探しているだけなんだから、早くそれを見つければいいだけなんだけど、なかなかそうもいかない。

中身だって、僕の作れる領域は、たとえばパティシエのつくるケーキや菓子とは違うし、一流のパン職人の諸先輩方のつくるパンとは全く異なる事の起こりから始まっているし。

だから何かを参考にしようにも、それが本当にこの前に見えているゴールに導いてくれるものなのかどうかも怪しい。

ただ、今のタイミングでこれを作っておけば商品開発を主力としているウチの経営スタイルでは楽になれるという発想でしか無いのかもしれない。作るというより探す作業だから、こういうときに素早く正解に辿り着けるのが一流ということなんかなあ、俺はやっぱり三流なのか。