アイデアのスープのレシピ

ナショナルデパートが作られる現場のレシピ

僕が「おふざけ」で仕事をしていると思われている方へ。

たぶん僕がふざけてやってると思っている人はたくさんいると思うんだけど、僕はいままでふざけて仕事をしたことは一度も無いんで、他人から見てふざけているように見えるかもしれないけど、寝ずに企画を立てて、販路を開拓して、不自然にならないようにデザインして、レシピ考えて、商品を作って、市場に投入するというのは、おふざけで出来るような仕事じゃないですよ。

お金も時間もかけて真面目にやっているので、どう言われようが何とも思わない。秋田に行かないと食べられない生グソを、気分だけでも都内で手に入れる事ができる。それがきっかけで秋田に行きたいと思う人が増えるかもしれない。これだけネットメディアで取り上げてもらえば、「OMIYAGE」としては冥利に尽きます。僕はこれを岡山みやげでやりたかったんだけどね。

話題作りだと批判する方もいらっしゃるけど、僕は話題性のある商品をずっと発表し続けてきましたが、岡山の政治家や新聞社や岡山市役所が、きびだんご以外の岡山のおみやげを広めてはいけないと阻止されてきた経緯があります。岡山で話題にもしてもらえない、無視され続ける陰湿なイジメに比べたら、たとえ批判が含まれていたとしても、記事として世に出してくださるメディアの方やそれを話題にしてくださる方には本当に感謝しているんです。本当にありがとうございます。

これからも「たのしい、うれしい、おいしい、あたらしい日本のおみやげ」を目指して、どんどん新しい商品を発表してまいります。私個人の批判や人格否定はおおいに結構です。岡山でスクラム組まれて無視され続けたことに比べれば、僕への個人攻撃で心が折れることはありません。