読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイデアのスープのレシピ

ナショナルデパートが作られる現場のレシピ

責任を取る立場にいる人はハシャいだりしない。

とある仕事で、一緒に参加する企業で勇み足でプレス打っちゃってるとこがあって、あ~あ、大人げないなあと。。。大丈夫なんか?と思った。なんか、こう、落ち着けよお前ら、とか思う。

お前らは政治が絡んで声がかかってるだけなんだから、直接選ばれたわけじゃないやろ、と。そういう自力じゃないところに限って我が手柄のようにハシャぐね。本質はそこじゃない、というところに気づかないと、危うい。

こんなこと言うと怒られるかもしれないけど。大きな会社や立場でやってる身分で、個人の手柄のように言っちゃいけないと思う。あなたがすべてを稼いでいるわけではない。過去に築いた企業の資産資源を運用して食わしてもらってることを忘れちゃいけない。

でもそれがモチベーションにつながるんかもしれんけど。

僕らにとっての、始める、とか、起こす、というのは、いろいろ艱難辛苦ひっくるめてそういう道を選択しているわけですから、スタートで「サラリーをもらう」という選択をした人に同じように言われるのは正直ムッとする。

君らの言う「俺がやっている」と、僕たちの言う「俺がやっている」は基本的に意味が違う。ハシャぎたいなら自力でおやんなさい。会社の規模をバックにやった仕事でハシャがれたら、僕たちは何のためにこんなに苦労してるのかわからなくなる。

僕らには育ててくれる上司もいないし、一緒に頑張る同僚もいないし、会社が責任をとってくれるわけではない、責任を取るのは僕自身だったりする。

責任を取る立場にいる人はハシャいだりしない。