読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイデアのスープのレシピ

ナショナルデパートが作られる現場のレシピ

ちょっと早いですが、ナショナルデパート秀島という立場でのネット上での人格はこれで幕を閉じます。

以前よりワイフからは指摘されていたんですが、僕のブログやFacebookを読んでる人の中に、共感を通り越して、錯覚に陥り、まるで自分が僕の家族や仕事のパートナーだと勘違いし始め、一線を超えた言動をとる人が増えてきました。

僕がブログやFacebookで書いている内容を、まるで自分が言ったかのような錯覚に陥り、そのままいろんな場所で発言したり、そのまま自分のブログに書き始めたり、僕の姿に自分の姿を投影して陶酔したり、ちょっとアブナイ感じになってきている人は、過去にもいました。し、今も増殖中です。

このまま精神的に不安定な人が増えてくると、オリジナルである僕が殺されかねないのではないかという恐怖も何度も感じました。本当にコワイんです。「秀島さんは私の発言を真似している、死んでください」とか完璧に思い込んでメールが送られてくることなんかも過去にありましたし。

一瞬の気の迷いでメッセージを送ってくる、そんなに関係の深く無い人もいますが、それでも、その対応をするだけで僕の作業時間は削られます。そういうことに気づかない、無神経というか、悪気はないのだろうけど精神状態が普通でない人の存在も、僕を追い詰める大きな要因です。

「このひとアブナイな~」と感じた人は少しずつブロックしたりしているのですが、それでもメールとかで食い下がってくる人もいて、正直疲れました。だって、僕はただの饅頭屋でパン屋なんですから。

応援してくれる人は本当にありがたいです。でも、一線を越えて僕に深く関わろうとしてくる人には迷惑しています。単なる太ったオッサンですよ。何をどう間違ったらストーカー化するのか、僕にはよく分かりません。

精神的に不安定な人には、いい加減に目を覚まして欲しいです。僕の言動は僕のオリジナルです。それに共感してくださるのはありがたいことだと思ってます。でも、それを自分のことだと錯覚して僕になろうとするのは止めてください。どう頑張っても僕にはなれません。オリジナルとはそういうものです。

SNSも潮どきということだと思います。

個人アカウントは公式のお知らせ用として残しますが、今後は個人的なことは一切書きません。超個人的アカウントで一線を越えない人とキャッハウフフします。というわけで、ちょっと早いですが、ナショナルデパート秀島という立場でのネット上での人格はこれで幕を閉じます。ありがとうございました。