アイデアのスープのレシピ

ナショナルデパートが作られる現場のレシピ

オープンから2週間、やっと一店舗で食えるぐらいになってきました。

今日はパンが早めに終わったので、さっきワイフを駅の店に送って、これから一人で通販の出荷作業。しかし、オープンから二週間。さすがに疲れました。

みなさんありがとうございます。

あんまし告知もせず、なんも考えずにスタートを切ったので、オープン直後の超低空飛行も、まあこんなもんだろうという感じで流していて、それよりも毎日パンを焼くことの楽しさや喜びの方が大きくて、逆にこのくらいのゆったりペースで慣らし運転させてもらえたことのほうが助かりました。

ECの復活も、最初はかなり苦戦したけど、一週間でなんとか上げてきて、EC一本でも夫婦二人なら食えていけるかな程度まではベースができました。過去のMAX売上を超えるのもおそらく時間の問題だと思うので、はやくWebサイトの導線の整理をして、各コンテンツに素早くリーチ出来るように作っていきます。

あとは、この先の展開にむけて、僕の製造能力をMAXまで上げていき、来るべき新たな出店に向けて調子を上げておかないといけないなあなんて思ってます。

ほんとうに、セントラルキッチンのお客様も、ECのお客様も、みなさんありがとうございます!!!

 

駅の直営店の閉店については、後日詳細を面白おかしく書くとして。いまは眼前の問題をひとつひとつ丁寧にクリアしていき、その先のことを横目で睨みながらことを進めていければと思ってます。

ただ、疲れ過ぎると判断が鈍ってしまったり、身体が重くなって動きが鈍くなるので、そろそろ一回休憩を入れたいとは考えています。月末はFESTIVINに肉の味のするパン「グランパーニュ・ヴィアンド」を持っていくので、そのタイミングで二三日ゆっくりと物件探しを兼ねて長逗留させてもらいます。

FESTIVIN | 自然なワインのフェスティバル。

 

【追記】

ちなみに、グランパーニュ・ヴィアンドとはこれね。

牛の内臓と血と脂が練りこんである。

f:id:kocb:20151115201655j:plain

GRANPAGNE VIANDE(グランパーニュ・ヴィアンド) | ナショナルデパート

 

ふつう、お店って、オープンからしばらくはお客さんが多くて、しばらくすると落ち着くものなんですが。セントラルキッチンの場合は最初は超低空飛行で、二週間を経て、少しずつお客さんが増えていくという感じなので、これからわりと忙しくなっていくんじゃないかと予想してます。

商品のラインナップも増えてくるし、寂しい売場の什器もワイフがこれから少しずつDIYで作っていくと思うので、賑やかなお店になるんじゃないでしょうか。

では、通販の準備に戻ります。