アイデアのスープのレシピ

ナショナルデパートが作られる現場のレシピ

東京のお店、今日で一周年だったみたいでした。ありがとう。

f:id:kocb:20171125203250j:plain

 

東京のお店、今日で1周年だったんすね。お客さんから教えてもらって知りました。

催事が忙しくて、他の進捗が遅れてしまった感じですね。でも、まあ、良い一年間だったと思います。新事業に時間がかかってるのも、焦ることもなく、ただ、時間かかる仕事だよなあと割り切ってる感じしますね。

時間かけても価値ある仕事なんだと思えば、1年は誤差の範囲内でしょうね。

今回の東京出店はひっそりとやってて、7年前の高円寺のお店のときのように雑誌やテレビに出まくって、という感じにはしなかったので、自分のペースで淡々とするべき仕事をこなしていくような環境づくりをメインに置いていました。

途中、岡山工場を閉めてしまおうかというイシューもあったんですが、岡山工場スタッフの頑張りで工場閉鎖というのは免れ、さらにスタッフ増員という流れになってきました。人手不足で困っているという昨今に、スタッフもすぐに決まったりという、けっこう「流れ」が出てきているのかなあと感じてます。

商売は「流れ」が大事ですからね。

私はと言うと、週に何日かパンを焼いて、空いた時間はすべて新しい仕事の準備に突っ込んでいます。17年ぶりに東京に居を戻すということが、どのような結果をもたらすかという点については、まあ本当に精神状態が安定して、すごく調子が良いです。住む場所によってこうも違うのかというのは、実際に居を移してみないと分からないものです。

東京のお店、今日で一周年だったみたいでした。

ありがとうございました。