セントラルキッチンをオープンして1日目を終えて。

パンの世界の新たな胎動が聞こえる。 焼きたてのライ麦70%のブロートに、冷やしたセル・ドゥ・メールを塗って試食に出す。それを食べて「美味しい」という初めてのお客さん。12年前では考えられない光景。 12年前、店をオープンしたばかりの頃、ドイツパンの試食を口に入れたお客さんが「これは腐っている」と目の前で吐…